記事同士につけるメリハリ

明るい話を先に出す事が大切!

社内報を作る際に大切なのは記事に対するメリハリですよね。では、どうやってメリハリをつけたら良いのか?それは、明るい話を先に出しておくという事です。ただし、これは社内報の内容にもよるので絶対ではありません。明るい話を先に出す場合は、社内のお知らせにネガティブな内容が含まれている場合です。普段の社内報でメリハリを出したい!という場合には、起承転結を心がけて文章を作ると良いですよ。例えば、特定の内容に対して「掘り下げて」いくんです。この手法をコラムと言いますが、この方法の場合は小説でいう「短編ストーリー」を想像すると良いかもしません。テーマを掘り下げていくからには、自分の意見も少しは混ぜた方が良いですね。最終的にオチをつけられたら完璧です。

時事ネタを織り込んでみては?

もしも、社内報の話題に困った!メリハリが足りない!という時には、時事ネタを織り込んでみてはいかがですか?例えば、ニュースで必ず話題になるトップ3あたりの内容について社内報で取り上げるんです。どの企業にも少なからずトラブルはあるものですから、自分の会社にも当てはまるという内容はありますよね。それを探し当てて上手に社内報に時事ネタを織り込んでみて下さい。この時のポイントとしては、メリハリをつけたいが為に「ネガティブ過ぎない内容」にする事を心がけましょう。メリハリをつけたいという場合でも、あくまで社内報です。当たり障りのない内容にする事が大事ですよ。ただし、人によって笑いのツボやテーマに関する受け取り方が異なりますので、社内の状況をしっかり把握したうえで時事ネタを織り込む事が大切ですね。