その人や場の雰囲気が伝わる写真を使った記事

文字情報だけでは伝えきれない部分を写真で伝える

社内報の記事を作成する際に、文章だけで伝えようとすると難しいということが多くあります。実際に会社の中でどのように仕事が進められているのか、イベントなどでどういった盛り上がりがあったのかなど、文字だけでは伝えにくいことがあります。人物を紹介するという事も社内報ではよくありますが、どのような人かという事は文字だけではなかなか伝わりません。 そのようなときに文字だけではなく写真も使うことが出来れば、雰囲気などなかなか伝えにくいことも伝えやすくなります。文章だけでは紙面のメリハリがつきにくいというときにも写真を配置することで読みやすく、人の目を引く紙面に仕上がります。ぜひ写真の利用も検討しておきましょう。

多くの写真の中から選ぶ

写真を使う際には、記事内容にあったものにしていくことが大切です。できれば多くの写真の中から、最も適したものを選ぶようにしていきましょう。適当に写真を選んでしまうと、伝えたい雰囲気などが伝わりにくくなることもあります。また、たくさん写真を掲載してしまう事によって本当に伝えたいことが伝わりにくくなるという事もあります。写真の数を絞っていくという事も必要です。
人の表情にしても、うつし方やその時のコンディションなどで印象が変わることがあります。人の紹介であればその良さが伝わるように、楽しいイベントの紹介であれば楽しさが伝わるかどうか、という事を意識しながら写真を選んでいくと、社内報に適したものを掲載できるでしょう。