同じ内容の社内報でもそのデザインによって、ただ単に情報が羅列しているような印象になったり、思わず引き込まれるような魅力のある印象になったりします。せっかく社内報を作るのであれば、魅力ある社内報にして多くの人に読んでもらいたいですよね。ここではその為のデザインのコツをいくつかお伝えします。

メリハリのある社内報づくり

様々なメリハリをつけることで、それまで単調だった記事がぐっと読みやすくなってきます。社員がパッと社内報を見た時に目にとめてもらえるよう、また、後で読もうと思ってもらえるようにポイントを絞ってしっかりとメリハリをつけてみましょう。

記事同士につけるメリハリ

社内報を作る際に大切なのは記事に対するメリハリですよね。では、どうやってメリハリをつけたら良いのか?それは、明るい話を先に出しておくという事です。ただし、これは社内報の内容にもよるので絶対ではあり…

+ more info

思わず目を引くタイトルや見出しづくり

ひと手間で目を引くタイトルにしたいならば、ビックリマークやハテナマークなどの記号を文末につけることで可能です。ただし多用しすぎると、子供っぽく見えてしまい、社内報にそぐわない見出しになってしまうの…

+ more info

記事内でポイントになるフレーズに色を付けて強調!配色にも工夫を

社内報を作る時に、ただ記事を並べて配置するだけでは読みにくい形になってしまいます。見たい情報があってもそれを探しにくかったり、重要なことがどこに書かれているのかわからなかったりということになりがち…

+ more info

わかりやすさに重点を置いた社内報づくり

その人や場の雰囲気が伝わる写真を使った記事

社内報の記事を作成する際に、文章だけで伝えようとすると難しいということが多くあります。実際に会社の中でどのように仕事が進められているのか、イベントなどでどういった盛り上がりがあったのかなど、文字だ…

+ more info

時系列があるものを図解したわかりやすい記事

社内報づくりではわかりやすさに重点を置くことが大事です。時系列を図解することで当時の状況も読み手に伝わりやすくなります。教訓や対策はもちろん、新たな課題をイラストや写真で追加してみるのも良いでしょ…

+ more info

様々なメリットが存在する社内報

社内報とは企業側が従業員側に対して発行する冊子の事です。会社の経営方針や企業活動について書かれています。

イラストや漫画で説明したわかりやすい記事

社内報には、イラストや漫画を使用

文章のみの社内報は、読むのがどうしても億劫になってしまいますよね。そこで、イラストや漫画を使用すると一気にページが華やかになり、分かりやすく読みやすくなります。人間はイラストや漫画などの画像があれば、文章だけに比べ、即座に理解しやすい傾向があるのです。これは、読み手が情報を読み取る速度が速くなる効果があり、情報伝達特性と言います。文章とイラストまたは、文章と漫画をうまく組み合わせて、読みやすい記事を作りましょう。イラストや漫画の配置を工夫すれば、一目で情報を伝えることも可能です。また、できれば文字量が多く、読みたくないような難しい記事でも、イラストや漫画を多く使えば、読み手に読んでみようという気持ちにさせることが可能でしょう。